白鹿だよ。

押入れ。

cck.

C#を書くと。

おやつがもらえるゲームを作りました。

 

追記。

公開しました。

Unity WebGL Player | cake_script

 

 

作ろうと思ったきっかけは。

知り合いに「おやつがでるスクリプト書こう」と。言われたので。

作りました。

 

・完成したもの。

C#の一定のワードに反応してお菓子を生み出します。

f:id:hakushika451:20170430000231g:plain

f:id:hakushika451:20170430002047g:plain

 

 

 

 

・なんとなく。

 こんな感じのを作りたいと思います。紙に書きます。

f:id:hakushika451:20170430000354j:plain

 

 

・PSでおこしたもの。

 こんな風に作ろうと決めます。

f:id:hakushika451:20170430000547p:plain

 

・3dcgにおこしたもの。

f:id:hakushika451:20170430000705p:plain

f:id:hakushika451:20170430000908p:plain

あと。おやつも作りました。 

 

 

・書いたもの。 

動けばいいので。めちゃくちゃです。

>|cs|
using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using UnityEngine.UI;

public class HS : MonoBehaviour {

string str;
public InputField inputField;
private Text text;

public Animator cakesA;

public Animator NiwatoriA;


public void SaveText () {
ResetAnims();

// strにinputFieldに入れた入力情報を保存。
str = inputField.text;



if (str.IndexOf("Start") >= 0) {
cakesA.SetBool("shot",true);
} else if (str.IndexOf("Update") >= 0) {
cakesA.SetBool("choko",true);
} else if (str.IndexOf("Awake") >= 0) {
cakesA.SetBool("hotcake",true);
} else if (str.IndexOf("int") >= 0) {
cakesA.SetBool("cup",true);
} else if (str.IndexOf("public") >= 0) {
cakesA.SetBool("prin",true);
} else {
cakesA.SetBool("financier",true);
}
}

void ResetAnims() {
cakesA.SetBool("shot",false);
cakesA.SetBool("choko",false);
cakesA.SetBool("cup",false);
cakesA.SetBool("prin",false);
cakesA.SetBool("hotcake",false);
cakesA.SetBool("financier",false);
}


void Update () {
if (Input.anyKey) {
Typing();
} else {
Invoke("NoTyping",2f);

}
}


void Typing () {
NiwatoriA.SetBool("NiwatoriGO",true);
}

void NoTyping () {
NiwatoriA.SetBool("NiwatoriGO",false);
}

}
||<

 

 ということで。

完成したのです。

 

クソアプリカレンダー2016です。

私は12月15日に投稿する必要がありました。

しかし。大きく遅刻をしました。

すみません。

qiita.com

  

私と某氏が作ったものは。

恋人ガチャです。

これは。

誰でもクリスマスに恋人を作ることができるunityクソゲーです。

 

どういうものかというと。

まず。まわします。

f:id:hakushika451:20161226120634g:plain

f:id:hakushika451:20161226121012g:plain

f:id:hakushika451:20161226120932g:plain

 

強制的に恋人を決めてくれます。

つまり。誰でも恋人を作ることができます。

パターンは30パターンあります。

 

以下例。

 

寿司。

f:id:hakushika451:20161226123125g:plain

鳥が浮き沈みするラーメン。

f:id:hakushika451:20161226123357g:plain

毛が生えた鳥。

f:id:hakushika451:20161226124331g:plain

浮かぶサンドイッチ。

f:id:hakushika451:20161226124616g:plain

何度でもガチャを引ける上に。

誰もが恋人と肯定してくれます。

 

おしまい。

 

 

最後。

作った人

30個のモデルを作った私。

PS4 SDガンダムの誘惑に負けたプログラマー

 

 

cinema4dのfbxをunityに入れるときに思ったこととか。

unityにcinema4dで作ったfbxを入れると。

Z軸が反対になって困りました。

 

普通なら。

unityで空のゲームオブジェクトを作り。

そこに角度を変えたfbxを入れて軸を修正すると思いますが。

私はどうしてもこれを使わないようにしたかったので。

 

強引な解決方法ですが。

・cinema4dの「対称」を使い

 三つの項目の中の「オブジェクト」から

 対称面をXYに変えて、位置をずらし。

 丸っと「現在の状態をオブジェクト化」して。

 オブジェクト化したものの不必要な方を消す。

 これで一応モデルを反対向きにできる。

 

 ピボットの位置を調整したり。

 頂点の消し忘れがないかを確認して。

 座標を0/0/0にして。

 fbxに書き出し。

しました。

テストで。iphoneやipadにアプリを認証させる。

unityでビルドして。
xcodeも終えた後。
バイスで認証を求められた時。
認証設定がどこにあるか。
に。ついてです。

 

iphone/ipadの設定から。

バイス管理/自分のメール/認証

で。ようやく認証。

 

 

場所を変えるのやめていただきたいです。

ks_game

この記事はクソアプリ Advent Calendar2015  24日目の記事です。

 

なんだか。

無性に毛を生やしたくなりました。3Dで。

そこで作りました。 

「むげんしょくもう」です。

 

 

制作過程 

・mayaで毛をモデリング

f:id:hakushika451:20151223214542p:plain

 

・cinema4Dでアニメーション。

f:id:hakushika451:20151223215359p:plain

 

 

・unityでクリックした位置に毛が生えるものを作る。

f:id:hakushika451:20151223110745g:plain

 

 

・unityで毛のアニメーションを反映。

f:id:hakushika451:20151223221959g:plain

こんなのができました。

 

 

 

 

実は普通に完成していません。

球状の角度を取得してその位置とその角度に毛を生やすことには成功しました。

しかし。

毛にアニメーションをつけた途端、空のゲームオブジェクトにアニメーション付き毛をを入れても、毛自体に設定した角度がリセットされます。

他にもピボットが反映されない問題や、複雑な形のモデルには今の書き方だとだめ。

などの問題があります。

いろいろ心残りですが、一旦公開ですー。

 

そして。

これを作るために色々な人に助けていただきました。

私にjava scriptを送ってくれたすいさん。

 rayがなんたるかのとっかかりになりました + C#翻訳の第一歩になりました。

同じ授業を取っている、ぺぽいぽっど氏。

 隔週で私の「これってなに…」という疑問にできるだけ答えてくれました。

私に「友達いないの?」と聞いてくれた小川先生。放っておいてください。

 毎週私の「これなんなんですか…」という疑問に答えてくれました。

煽りながらC#を教えてくれたkakenn氏。

 基礎の基礎から懇切丁寧に説明していただきました。

 

この人たちには、とてもお世話になりました。

ありがとうございます。

 

色々な人たちに助けてもらっていますし。

作るのが楽しいので、なんとか完成させたいです。 

 

おしまい。

hackathon_ntit.

Hackathon Advent Calendar 2015の19日目の記事です。

初めまして。

今年からイラストレーターでデザイナーと名乗り。

何度かハッカソンにお邪魔しました。

白鹿です。

 

ハッカソンに参加して思ったことをふたつ書きます。

 

最近のこと。 

12月にunity cardboardハッカソンに参加したときに思ったこと。
このハッカソンは、私と友人の二人チームで参加しました。
作る作品は「視線でやきとりを作るアプリ」。

 

 

これを作るにあたって、やったこと。

制作時間も短い上に二人チームだったので、お互い作る部分をじっくり話し合って決めました。

で。

作るべきものは二つ。

・unityで視線をにわとりに当て続けると、ねぎまになるプログラミング。

・3DCGでにわとりとやきとり(ねぎま)をモデリング

 

 

担当は

・友人:プログラム+プランナー

・私 :3DCG+アニメーション

 

 

結果。

・制限時間内にやりたい部分の実装完了

・プレゼン準備も終えている

・ビルドも終えて、体験可能

ばっちりでした。

 

 

これが実現できたのは。

・どこまで作るか。の確認をしっかりしたこと。

・お互いのスキルを知っていること。

・お互いが「相手は自分がお願いしたものを作ってくれる」と信用していること。

 

そして、一番大事なのは。

・私の願望を一緒に叶えてくれる人がいてくれたこと。

だと思いました。

まあ。

普通は「視線でやきとりを作る」コンテンツを一緒に制作してくれる人は

なかなかいなさそうです。

 

最後に平々凡々な感想ですが。

少人数で、お互いを信頼して制作できるって楽しいなー。

と。思いました。 

 

 

つぎ。

 

お酒飲んで記憶をなくすくらい悔しかったこと。

一番楽しくて悔しくて好きなのはMBSハッカソンの予選でした。

私はラジオウォーク殺人事件というアイデアを出した

「ハック刑事」に参加していました。

 

制作中。 

つなぎ戦隊に囲まれて、作業を見守っていました。

 

なぜ見守っていたのかというと。

私ができることが少なかったです。

MBSの予選はプレゼンが全てでした。

私はうまくアイデアの付け足しもできず、きちんと絵もかけず。でした。

 

 チームメンバーはプレゼンもアイデア

きびきびまとめていき、私はプレゼン資料に血だまりを描くだけでした。

 

こうして。特になにもできなかったことに加え。

予選突破できなかったことも悔しく。

そのうえ、つなぎグリーンがたびたび煽ってくるので

打ち上げでは、悔しさをアルコールで打ち消すためにかなりお酒を飲みました。

 

でも。

つなぎブルーの楽しげなアイデアチームに入れてもらえてよかったです。

いろいろな人とお話ししたり、出会ったりもして、楽しかったです。

ただ、悔しいことに変わりはないので。

次も頑張ります。

というお話しでした。

 

おしまい。